documents14

正式タイトル
ドキュメント|14の夕べ||パフォーマンスのあとさき、残りのものたちは身振りを続ける:2012年8月26日−9月8日に東京国立近代美術館にて開催されたイベント「14の夕べ」の記録集:美術、音楽、演劇、ダンス、朗読における、いわゆる「パフォーマンス」に焦点を絞った「14の夕べ」の出演者は、第1の夕べ 東京デスロック、第2の夕べ 福永信/古川日出男/谷川俊太郎、第3の夕べ 奥村雄樹、第4の夕べ No Collective、第5の夕べ 手塚夏子、第6の夕べ 高嶋晋一、第7の夕べ 小杉武久、第8の夕べ 大友良英 one day ensembles、第9の夕べ 神村恵カンパニー、第10の夕べ core of bells、第11の夕べ 小林耕平、第12の夕べ 村川拓也、第13の夕べ 橋本聡、第14の夕べ 一柳慧であり、第1から第14の夕べに関わる、上演開始までに作成された台本・指示書・テキスト・楽譜などの「スコア」、メモ、ドローイング、メールのやり取り、告知用印刷物、当日配布されたプログラムなどの事前資料、および記録写真、記録音源の書き起こし、上演終了後に作成された「スコア」、インタビュー、座談会の書き起こし、出演者によるテキスト、会場図面、上演に関わる各種データ、レビュー、論考などの事後資料が、時系列順に記録されており、編集は東京国立近代美術館による。

2012年夏、東京国立近代美術館にて14夕連続で開催された「14の夕べ」。
演劇、音楽、ダンス、朗読、美術など多ジャンルに渡る実験的イベントは、大きな反響を呼び起こした。
本書は「14の夕べ」とは何であったかの記録であると同時に、「記録」の新たな方法論を提示するものである。

出演者
東京デスロック、福永信、古川日出男、谷川俊太郎、奥村雄樹、No Collective、手塚夏子、高嶋晋一、小杉武久、大友良英 one day ensembles、神村恵カンパニー、core of bells、小林耕平、村川拓也、橋本聡、一柳慧(出演順)

寄稿
岡郫乾二郎、上崎千、長嶋有、蔵屋美香、武藤大祐、沢山遼、柴原聡子、平倉圭、八角聡仁(順不同)

発売日:2013年12月2日(月) 価格:2,500円+消費税
判型:四六判 総頁:378頁
ISBN 978-4-86152-406-6 C0070 出版社:青幻舎