『WOSK presents vol.13』

2018年7月7日(土)@下北沢THREE
core of bells
KONCOS
THE RATEL
DARK THE GIANT
sans visage

月例企画第四回公演「デトロイトテクノ人形」のあらすじを公開

来週の23日(水)に上演する2014年core of bells月例企画『怪物さんと退屈くんの12ヵ月』の第四回公演「デトロイトテクノ人形」のあらすじを掲載しました。

________________________________________________________________________

「デトロイトテクノ人形」あらすじ

人類が滅亡した後に地上の支配者として君臨したのは人形たちだった。
わずかに生き残った人間は人形が音楽を奏でる機材として扱われていた。

人形たちのことを語るには、まず”マンゴスチン”の話をしておかなければならないだろう。それは人形がこの世に誕生した時から全ての人形に通底するヴァイブスである。ルーツは巨峰だともパパイヤだとも言われている。歴史的拘束からの激しい解放願望。地上から宇宙に放たれる光の柱。”マンゴスチン”が灯っているかぎり、決して人形たちが闘いをやめることなどないだろう。

ゴスマン暦310年、人形たちは初めて人間を機材として使用することを発案した。気の遠くなるほどの研究を重ねた成果かもしれないし、人間をいじっているうちに偶然出来てしまったのかもしれない。それまでの人形たちはただじっとしているだけで言葉を話すことなどあり得なかった。しかし、機材として使用したと言っても、この頃はまだ人間が覚えている音楽を歌わせるだけだった。

327年の春から夏にかけて、行き場のない人形たちが集まる街、急労務シティで当時最もクレイジーな人形と称されたアダルトちゃんが、人間を二人用いる奏法を発案したことによって、人形たちはノンストップで音楽を奏でることが可能になった。人形たちはレアな音楽を覚えている人間を漁り、気に入ったフレーズを見つけては、歌わせている最中の人間を力いっぱいぶん殴ってブレイクを作り、そこにもう一人の人間を継ぎ足して歌わせていた。この発明により人形たちが人間を機材として使う技術が躍進した。そして、機材としての人間の意識も向上した。やがて、使いたいフレーズを延々にループさせてロングヴァージョンを作るなど、人間の覚えている音楽を編集するようになった。この頃から人形たちは人間にただ覚えている音楽を歌わせるだけではなく、人間を使って楽曲を制作するようになった。

327年の夏、急労務シティでは二体の人形がキャリアをスタートさせていた。7つの大罪くんとランキング7位くんだった。当時は人間を機材にして音楽を奏でるだけで生活が出来るなんてまだ夢物語だった。二体は驚くべき早さでテクニックを磨き、すぐに急労務シティのアンダーグラウンド・シーンの台風の目となった。

330年、ランキング7位くんは元々は人形の問屋街だった街、屍GOシティのバンカラ高校から熱いラヴコールを受けて転校する。本当は7つの大罪くんと一緒に行きたかったが、彼は急労務シティで最高の高校と言われるダーティーハリー高校を離れることを拒んだ。屍GOシティのシーンは急労務シティより2年は遅れていたが、ランキング7位くんの奏でる音楽は屍GOシティのディープな人形たちの好みに合わせて行くうちに、今までのどの人形が作った音楽とも違う異形のものへと発展して行く。ランキング7位くんの使った人間はドロドロに溶けていたし、踊り狂った人形たちもまた溶けていた。そして、331年にランキング7位くんは新たにソナチネ学園を設立してバンカラ高校を去り、その後釜として一度は屍GOシティを去ったはずのしぼむ!男性自身さんが転入して来る。しぼむ!男性自身さんの人間機材の扱い方は狂気的でハードかつ、とても貪欲なものだった。人間に極端な負荷を与えて演奏するのがお好みだった。そして、機材として歌ってばかりいた人間も絶叫や奇声の割合が増え、そのどちらともつかないような音を出せるようになっていた。この二体の活躍によって屍GOシティのシーンは次のアセンションへ突入する。

今、屍GOシティではどんでもないことが起こっている…!!

332年、評判は隣街であり人形製造の工場街でもあったゲボの跡タウンにまで伝わっていた。当然、まだ人間をいじり始めたばかりの万人くんの耳にもそれは入っていた。さっそく、万人くんは屍GOシティへと向い、そこで人生のターニングポイントを迎えるほどの衝撃を受ける。万人くんは自分の体験してきたものを親友の千人くんや超腹減りニコフさんに興奮が冷めやらぬまま必死になって訴え続けた。

その一年後にこの3体がゲボの跡タウンだけではなく世界中のアンダーグラウンド・シーンを熱狂させる存在になるなどとは、まだ誰一体として考えたことなんてなかった。

________________________________________________________________________

2014年core of bells月例企画
『怪物さんと退屈くんの12ヵ月』

第四回公演
「デトロイトテクノ人形」

2014年4月23日(水)
open 19:00/start 20:00(BGM 21:00-)/close 22:00

会場:六本木 SuperDeluxe
料金:adv.¥2,500/door.¥2,800 (1drink込)
出演・制作:core of bells

予約サイト:http://www.sdlx.jp/2014/4/23

kaibutsu04

 

コメント