PLATFORM 2011 浜田涼×小林耕平×鮫島大輔
【会期】平成23年4月16日(土曜)から5月29日(日曜)
【休館日】月曜日
【開館時間】午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
【共通観覧料】一般500円、高・大学生および65歳から74歳300円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
【協力】藍画廊、山本現代、ARTISTS’GUILD


山形育弘が出演し、池田武史が撮影を担当した、小林耕平の新作『3-1-1』も出品されます。

info:
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/platform2011.html

*震災の影響で、当初4月9日土曜日から開催予定でしたが、4月16日からになりました。

platform_f

●関連企画
「運送としょうゆとかぐや姫と先生とライオン」
小林とcore of bellsは、これまでにも「気象と終身―寝違えの設置、麻痺による交通」(アサヒ・アートスクエア/2009)や「運送としょうゆとかぐや姫と先生とライオン」(山本現代/2010)等のコラボレーションを見せてきました。今回は練馬区立美術館の展示室内にて、小林のテキストをもとに即興的なパフォーマンスを行います。
【日時】4月23日(土曜)、5月7日(土曜) いずれも午前11時30分から午後3時30分
【会場】展示室
【出演】小林耕平(本展参加作家)、core of bells
【参加費】無料。ただし、展覧会観覧券が必要です。
※注釈:事前申込は不要です。

●トークイベント
【トーク「それぞれの距離感」 浜田涼×小林耕平×鮫島大輔 】4月23日(土曜) 午後4時から午後5時30分
【ギャラリートーク】 5月 7日(土曜) 午後4時から午後5時 小林耕平